MENU

薬剤師のお仕事内容と平均年収はどうですか?

薬剤師のお仕事内容(調剤薬局・ドラッグストアの場合)


薬剤師転職



調剤業務…病院・クリニックが発行した処方箋に従って、調剤を行います。近年では、調剤薬局だけでなくドラッグストアでも調剤業務を行うところが増えています。

OTC薬(市販の薬)販売業務…処方箋を必要としない医薬品(ドラッグストアなどで購入できるもの)の販売・アドバイスを行います。

服薬指導・相談業務…患者や顧客に薬の正しい飲み方についてアドバイスしたり、薬に関する相談に乗ったりします。

医薬品管理業務(DI業務)…薬に関する情報を収集・管理し、情報が必要な人に提供します。

薬剤師のお仕事内容(病院の場合)


薬剤師転職



調剤・服薬指導・医薬品管理に加えて、病院薬剤師特有の業務があります。

調剤業務…内服薬・外用薬はもちろん、無菌室で注射薬の調剤を行うこともあります。 

処方の設計…投与にとくに注意が必要な薬については、医師と相談しながら安全かつ効果的な処方を決定します。

薬剤師のお仕事内容(研究機関・製薬会社の場合)


薬剤師転職



MR(医薬情報担当者)…自社の医薬品を使用してもらうために病院に情報提供を行い、また副作用などの情報を病院から収集します。普通の会社の営業担当に近いイメージですね。

創薬・研究開発業務…多くの研究・臨床試験を行い、新薬を開発する研究部門です。



薬剤師の平均年収は?


薬剤師転職



調剤薬局…初年度は350-500万円、管理薬剤師になれば最低でも500万円以上

ドラッグストア…初年度でも400万円以上になることが多く、店長クラスになれば600万円以上も

病院…初年度は300万円くらい(夜勤があれば30-50万円ほどの手当てがつく)、長年勤続すれば600万円以上になることも 

製薬会社…初年度は300万円台も多いが、実力があれば1000万円を超えることも

高収入の薬剤師求人ならリクナビ!


日本最大級のリクナビが運営する薬剤師専門人材会社。
薬剤師の高収入を狙うならリクナビ薬剤師で転職相談。
登録は無料なのでどんな求人があるかサイトをチェック!

関連ページ

薬剤師の平均的な時給はどのくらいになるの?
育児が落ち着いてからふたたび薬剤師として活躍したいママさんや、最低限の給料をもらいながら趣味に生きたい人などは、パート・アルバイトのお仕事を探すことが多いですね。そうなると、薬剤師の平均時給が気になります…